FC2ブログ

プロフィール

KHJ Construction

Author:KHJ Construction
2007年
カンボジアの子どもたちの笑顔
そこで暮らす人々の笑顔を守るために
建設会社という形で、
カンボジア支援を行っているNGO、NPOなどの
支援団体や日本企業と共に、少しでもこの国の人たちの
力になりたいという想いから、
建設会社という枠を超えて、
業界のエキスパートとなるため
カンボジア支援のトータルコーディネートまで
引き受け建設支援に携わっていくために
KHJ Construction Co.,Ltdを設立しました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Tree-LINK

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/10/22 (Tue) 16:10
キロタチュム小学校建設報告書2

キロタチュム小学校建設

キロタチュム小学校の建設作業は順調に進んでおります。
前回までは土を掘り起こし、土台となる基礎を作る準備をしていました。 今回は土を掘り起こす作業は終了し、土台の核となるレンガの設置が終了しました。写真の中に以前とは違い砂が映っています。この砂は床を支える重要な役目を負っています。強い負荷や衝撃を吸収し、破損を防ぐことができます。

キロタチュム小学校建設

土台の基礎付近に鉄筋があるのは、レンガ設置の際に、設計図のようにレンガを設置するための指標として置いています。またコンクリートでレンガを接合しているので、コンクリートが乾くまでの間、鉄筋によりレンガを支える役目もあります。

キロタチュム小学校建設

職人たちは、土台作りの作業は特に集中力がいると言っています。しっかりとした土台を築くことができなければ、建物は脆く、壊れやすいものになってしまいます。最近は雨も降ることも少なく、作業に予定通り進行しております。

キロタチュム小学校建設

レンガのコンクリートが固まると、今度はセメントを作り、柱に流し込む作業を行います。トラックで良質なセメントを作るために混じりけが少なく、細かい砂を運んできます。

キロタチュム小学校建設

現在何本かの柱はセメントが固まっています。良質なセメントで出来ているので、強度があり、倒れることがありません。 学校も10月の新学期に向けて準備を進めています。子どもたちも先生たちも新校舎で授業を行うことを楽しみにしています。 皆様のご支援のおかげで、学校周辺に笑顔が広がっています。

どうもありがとうございます!!!
スポンサーサイト

<< シェムリアップ州クボゥン村に井戸建設報告書 | ホーム | キロタチュム小学校建設報告書 1 >>

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。